夏目漱石サロン 京都漱石の會

アクセスカウンタ

zoom RSS 会報記事 昭和42年 「京都句碑の会」記念

<<   作成日時 : 2009/12/15 23:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

《資料紹介》

昭和42年 「京都句碑の会」記念

画像

画像



  木屋町に宿をとりて川向の
  御多佳さんに

 春の川を隔てゝ
  男 女 哉
     漱 石


               大正四年三月二十五日句

  漱石京都句碑の出来るまで

京都に漱石の句碑を建てることが公にされたのは、四十年冬の漱石忌、鎌倉漱石の会の例会の席上であった。責任者の内田さんは極めて淡々と「京都に作ります」と報告された。
内田さんの方では石のことは「八瀬の真黒石」、句は「春の川」とはっきり決まっていたようである。後で知ったのであるが、「漱石と多佳女」の小林享俊氏も多佳女のことを調査中この希望をもたれ、それを耳にされて、帰源院の句碑(字は、同院の富沢珪堂和尚)も建てられた内田さんの多佳女と漱石の関係を京都に浮び上がらせておきたいねがいは一層つよくかたまって来たようである。公にされる前に一寸伺ってはいたが、伺った時には京都に適わしいものにする仕事だけが残っていた。
四十一年の二月の上洛の前、四十年の秋にも内田さんは上洛されており、先ず、磯田氏に会われることなどあちこちに打診もし、交渉もされていたが、下調べ程度で具体的には何も決ってはいなかった。場所ははじめ白川畔の、旧大友の近くということであった。大嘉の跡を調べてみると丁度恰好の場所なので、候補地はそこに決った。発起人になって下さった秋山酒造の秋山暎氏の御世話であったが、北の大嘉と呼ばれていた木屋町の大嘉は現在の御池大橋の西詰の川畔で、下側が橋にかゝる位の位置にあったらしい。大きな宿ではない。
公にされたのち、内田さんからの依頼で京都に若干人の発起人会をつくり、四十一年二月から本腰で交渉に入った。句について京都側にも意見はあったが、場所がはっきりしているし、多佳女のことは漱石に関して一つの挿話になっていることでもあるので、それで落着いた。
初夏にまた内田さんが上洛されることとなったので、設計依頼について、磯田さんや秋山さんと話合って、京都大学の山口昌哉氏に相談した。「漱石なら」というので、同氏の父君の山口華楊画伯と同氏の友人の彫刻家山本恪二氏が簡単に無償で御引受け下さった。上洛された内田さんは祇園の中島氏、市の文化観光局、高山前市長等と交渉されたがこれも結局「漱石なら」ということで協力が得られ場所の方は決定した。石の方は八瀬の真黒石の他に二三調べてあったが、全てを山口さんにお任せして、それらから選んで頂くことにした。結果は、極めて自然に、八瀬童子会所有の真黒石に決った。御苑の宮内庁事務所の前庭にある石と同じ場所から出たものである。この方も、多少の経緯はあったが、童子会会長、文化観光局長の御好意で譲って頂くこととなった。一往の準備が終ったのは秋である。
漱石の命日が十二月九日なので建立はその日に間にあわせる筈であったし、早速石面への配字造庭などに入ったが、これらは制作に御多忙であったに拘らず山口華楊画伯、彫刻家山本恪二氏が約束どおり御尽力下さった。碑陰の文字は森田子竜氏を煩わせた。配字原稿作製のための写真拡大は京都大学の高橋猪之助氏に依頼した。造庭は中島氏の推薦で花園の神部氏、石刻の方は神部氏の斡旋で嵯峨の石寅さんに依頼した。
十一月九日に遅滞なく建立を終り、東京、鎌倉からも発起人が集って、当日京都側と一緒にさゝやかに工事受取の乾杯をした。
銘板はあとから加えることとなり文案は各方面に打診して最も簡略なものとした。句碑の後からの多少の手入は神部氏に一任した。リラは神部氏の好意であるが、漱石が学生時代に好んだホイットマンに関係もある。以上経緯を略記して漱石京都句碑建立について直接御好意を辱うした方々への謝意を表する次第である。なお必要経費を御寄贈頂いた方々には、改めて、漱石会から御報告を兼ねて謝意を表する筈である。
                               (漱石会 北山記)
             昭和四十二年四月九日
                      漱  石  会



(注記)「漱石京都句碑の出来るまで」を記された方は、北山正迪先生(和歌山大学教授・漱石研究家)です。




虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第3号》 p.13 より


Copyright(C) 京都漱石の會 2009-2017

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
VISVIM 通販
会報記事 昭和42年 「京都句碑の会」記念 夏目漱石サロン 京都漱石の會/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM 通販
2013/07/10 08:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
会報記事 昭和42年 「京都句碑の会」記念 夏目漱石サロン 京都漱石の會/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる