夏目漱石サロン 京都漱石の會

アクセスカウンタ

zoom RSS 第17回定例会関連記事「漱石×シェークスピア」

<<   作成日時 : 2016/04/13 23:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第17回定例会関連記事「漱石×シェークスピア」が4月12日の朝日新聞とデジタル版に掲載されました。


漱石×シェークスピア

2016年4月12日10時14分

 ▽「二大文豪」テーマの講演会

 夏目漱石の愛好家でつくる「京都漱石の会」(丹治伊津子代表)主催の講演会が17日、上京区の京都平安ホテルで開かれる。今年は「シェークスピアからコナン・ドイルまで クロスオーバーする漱石の精神」と題し、イギリスが生んだ文豪との意外な取り合わせを楽しめそうだ。

 第1部は、「世界の二大文豪、夏目漱石とウィリアム・シェークスピア」として漱石研究家のダミアン・フラナガンさんが講演する。今年は漱石の没後100年とウィリアム・シェークスピアの没後400年が重なることから、ロンドン留学中の漱石のシェークスピア体験などを通し、漱石文学の世界性を論じる。

 第2部は、「漱石文学と探偵小説」と題して、綾目広治・ノートルダム清心女子大教授が、漱石作品の中に垣間見える探偵小説的な要素について話す。

 2007年に発足した京都漱石の会は、愛好家たちが隔月で読書会をするほか、年に2回講演会を開き、今回が17回目となる。

 午後1時20分から。事前に聴講料2千円の振り込みが必要。氏名、電話番号、住所を明記の上、メールなど(kyotososeki@nifty.com)で申し込む。定員90人。問い合わせや電話での申し込みは、丹治さん(090・4907・2602)へ。

朝日新聞DIGITAL
http://www.asahi.com/articles/CMTW1604122700001.html





Copyright(C) 京都漱石の會 2009-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

第17回定例会関連記事「漱石×シェークスピア」 夏目漱石サロン 京都漱石の會/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる