虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第22号》

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第22号》 目次

■巻頭 年を経て「一夜」を読む 久保田 淳 (1、2、3頁)
■ALBUM 漱石の椿 関 健一 (4、5頁)
■泉鏡花「化銀杏」の結末について 須田千里 (6、7、8頁)
■書簡 岡 三郎 (9頁)
■美禰子とクーリー 長井てつ子 (10、11頁)
■俳句 矛盾 大越碧流 (11頁)
■脱中国の日本茶道にあった「中国」 唐 辛子 (12、13、14頁)
■桐蔭席のお手伝い 中山久美子ストレット (15頁)
■漱石をしのぶ茶会・桐蔭席 丹治伊津子 (16、17頁)
■桐蔭席茶会にて 西山美江デルゲッソ (18、19頁)
■福島から京都へ 薄葉フミ子 (19頁)
■一人の心に燈れ油点草 中村悦子(20頁)
■無題 園田美智子 (20頁)
■鵜殿の葦原 山崎真由美 (20頁)
■俳句 漱石と子規 大越碧流 (21頁)
■淡交会熱海支部青年部五十周年記念茶会 塩澤万喜子 (22頁)
■お郷自慢 京都・精華町 国立国会図書館・関西館 津田深雪 (23頁)
■夏目漱石の大正五年(その一) 安宗伸郎 (24、25、26、27頁)
■わたしの「白」の世界 安宗和子 (27、28頁)
○来信 (29~32頁)
○御寄附○西日本豪雨義援金○新会員○受贈図書○編集後記 (32頁)

 発行日 2018(平成30)年11月1日

会報画像 抜粋

画像
表紙
画像
裏表紙


・記事名/ページ番号をクリックすると当該記事/ページが表示されます。
 (リンクされていないものもあります)
・画像をクリックすると拡大表示されます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック