平成27年8月 読書会のご案内

平成27年8月 読書会のご案内  今回の読書会は、児玉安居氏から、発表があります。第2部では、映画鑑賞「河内山宗俊(こうちやま そうしゅん)」。末延芳晴氏が解説をしてくださいます。なお、読書会の会場が佛大ではなく、櫻谷文庫画室に変更となったこと、ご留意いただきます様に。初めての方は洛星中学・高等学校の西側、場代(ばだい)通り「小松…

続きを読むread more

企画展「熊本と新宿をつなぐ作家 漱石・八雲」開催のご案内

平成27年度新宿歴史博物館協働企画展「熊本と新宿をつなぐ作家 漱石・八雲」が開催されます。 7月19日[日]~8月30日[日] 新宿区立新宿歴史博物館 地下1階企画展示室 展覧会関連イベントとして、記念講演会、講談、清和文楽、朗読なども催されます。 詳細は、公式サイトの案内、リーフレット等をご覧くだ…

続きを読むread more

会報記事 川を隔てて 杉田博明

 川を隔てて 杉田博明 多くの会員の皆様から要望がありましたので掲載致します。 画像をクリックして拡大してご覧ください。 虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第14号》 p.14-15 より 会報画像 page 15page 14  画像をクリックすると拡大表示されます。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成27年6月 読書会のご案内

平成27年6月 読書会のご案内  今回の読書会は、米原佐久子氏から、発表があります。第2部では、映画鑑賞「一人息子」。末延芳晴氏が解説をしてくださいます。前回出席されなかった方には、読書会の会場が佛大ではなく、櫻谷文庫画室に変更となったこと、ご留意いただきます様に。初めての方は洛星中学・高等学校の西側、場代(ばだい)通り「小松原交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成27年4月 読書会のご案内

平成27年4月 読書会のご案内  規定により、学外の団体は、佛教大学の教室を使えなくなりました。今後は、会場を、櫻谷文庫画室とさせていただきます。さて、今回の発表は、加藤千秋氏から、『吾輩は猫である』の「トチメンボー」についてです。第2部では、末延芳晴氏が、映画「二十四の瞳」の解説を30分してくださいます。 集合時間 2015年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第15号》

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第15号》 目次 ■巻頭 祝会報15号、そして「漱石の孫」ということ 夏目房之介 (1頁) ■内藤新宿の幼年時代――漱石小品「蛇」と『道草』 芳賀 徹 (2、3、4頁) ■Album 京都のさくら 関 健一 (5頁) ■「明治・大正の作家と京都」 久保田 淳 (6、7、8頁) ■俳句 大越…

続きを読むread more

平成27年2月 読書会のご案内

平成27年2月 読書会のご案内  残寒の候、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。第15回読書会をお知らせ申し上げます。さて、今回も古田武司氏から、小品『自転車日記』についてのお話がございます。古田氏は、実物の原初的自転車も持参してくださいます。なお、第2部の霧立のぼる主演のビデオテープは、読書会では、二度目の上映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年12月 読書会のご案内

平成26年12月 読書会のご案内 謹啓 初冬の候、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。第14回読書会をお知らせ申し上げます。さて、今回は古田武司氏から、小品『自転車日記』についてのお話がございます。第2部では、末延芳晴氏が、先の『麦秋』に続いて『東京物語』の解説をしてくださいます。皆さま、どうぞ奮ってご参会くださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第14号》

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第14号》 目次 ■巻頭 『心』――「明治の精神」と先生死後の私 水川隆夫 (1、2頁) ■Album 彼岸花 関 健一 (3頁) ■『こゝろ』――もしも〈笑い〉があったなら 綾目広治 (4、5頁) ■静というヒロイン 内田道雄 (6頁) ■人類史から読む夏目漱石 岡 三郎 (7頁) ■…

続きを読むread more

平成26年10月 読書会のご案内

平成26年10月 読書会のご案内 謹啓 爽涼の候、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。第13回読書会をお知らせ申し上げます。さて、今回は児玉安居氏から『永日小品』の「行列」についてのお話がございます。また、特別参加:末延芳晴氏(『原節子、号泣す』集英社新書・821円)が映画『麦秋』の解説をしてくださいます。皆さま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年8月 読書会のご案内

平成26年8月 読書会のご案内 謹啓 残暑のみぎり、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。晩夏の日の昼下がりを共に過ごしましょう。秋の訪れを待ちわびつつ、第12回読書会をお知らせ申し上げます。  さて、今回は会員のかたから漱石『こゝろ』についてのお話がございます。また、会員のかたが『こゝろ』のCDを自宅から持参し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年6月 読書会のご案内

平成26年6月 読書会のご案内 謹啓 会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。初夏の日のひとときを、共に過ごしましょう。第11回読書会をお知らせ申し上げます。今回は事情により、いつもの教室を使うことが出来ません。310教室はスクリーンの無い教室の為、小品『永日小品』の「変化」の読書会 のみとなります。DVD鑑賞会はご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成26年4月 読書会のご案内

平成26年4月 読書会のご案内 謹啓  陽春の候 桜の花も満開となりました。春たけなわの今日このごろ、会員の皆さまにおかれましてはいかがお過ごしでしょうか。うららかな春の日のひとときを、共に過ごしましょう。第10回読書会をお知らせ申し上げます。  さて今回は第一部、『吾輩は猫である』読書会を、第二部、夏目漱石『こころ』(20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第13号》

虞美人草 「京都漱石の會」会報 《第13号》 目次 ■巻頭 漱石と「新時代の作家」 関口安義 (1、2頁) ■Album 蟲封じ 関 健一 (3頁) ■『虞美人草』における京都 手書きの要旨 小森陽一 (4、5頁) ■三酔人”姪”倫問答 -吾輩は酒乱である 小中陽太郎 (6頁) ■楚人冠と漱石を巡る研究 村田好哉 (7頁)…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

京の茶の文化を味わいながら漱石を聴く 第十二回定例会 小森陽一教授講演

第12回定例会 午前10時30分、御所西京都平安ホテルにほど近い、御所内の九条家の茶室「拾翆亭」(しゅうすいてい)前に集合。副会長の吉江勝郎さん(建築家)の解説を聞いた後、拾翆亭を参観しました。写真は茶室から望む庭園です。むかしはカワセミが多く飛来し、広大な自然の翠をあつめているという意味でこの名が付けられたとも。 …

続きを読むread more

第9回読書会のご案内

第9回読書会のご案内 謹啓  立春の候 「春は名のみの風の寒さや」唱歌『早春賦』の一節を思い出す季節となりました。本格的な春の訪れまでは今少しありますが、寒風の中にも静かに息づく春の気吹を感じます。鶯の初音を待ちつつ第9回読書会をお知らせ申し上げます。  さて、今回は第一部『吾輩は猫である』読書会を、第二部夏目漱石『心』(新藤…

続きを読むread more